FC2ブログ

日本のジャズミュージシャンデータベース

国内で活躍するジャズミュージシャンをご紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
峰 厚介(みね こうすけ)
サックス
生年月日:1944/2/6
出身地:東京
[HP] [blog]


- プロフィール -
中学時代ブラスバンド部こ入りクラリネットを吹きほじめる。
東邦学園高校出身。
17才頃にはクラリネット奏者としてアルバイトをはじめる。この頃よりアルトサックスも手掛けはじめる。
高校2年の頃ジャズ喫茶でレコードを聴いたのがジャズとの出会いである。

1963 ジャズバンドに入り、ジャズクラブなどで演奏をはじめる。
1969 ピアニストの菊池雅章に見い出され彼のバンドに入団し、解散する1973年まで同バンドに在籍する。
1970 初のリーダーアルバム「MINE」発表する。この年スイングジャーナル誌読者人気投票のアルト・サックス部門において渡辺貞夫に次ぐ第2位となり新人アルトプレーヤーとして注目を集める。
1971 Mal Waldronの日本公演及びライブレコーディングに参加、同じく菊地雅章とJoe Hendersonのコンサートにも参加する。この年よりテナーサックスを吹きはじめる。
1973 菊地雅章バンド退団後、ニューヨークに渡り2年間滞在する。この間にも一時帰国、菊池雅章コンサートに出演、自己のアルバムレコーディングも行なう。
1975 帰国後すぐに自己のグループを結成し演奏活動を開始する。
1976 Gil Evanceオーケストラの日本公演にアルトプレイヤーとして参加する。
1978 本田竹広(Pf)などとネイティブサンを結成し、コンサート活動やアルバム制作(計8枚)を行いジャズ・フュージョングループとして人気を博す。
1983 同グループでサンパウロ(ブラジル)、モントルゥー(スイネ)のジャズフェステイパルに出演ニューヨークのボトムライン、7thアヴェニューサウスでもライブを行なう。
1992 自己のリーダーグループ峰クィンテットを結成。
1993 同グループによる久々のリーダーアルバム「MAJOR TO MINOR」を発表し、この年のスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞において日本ジャズ賞を受賞する。
1996 同クインテットでニューヨークのジャズクラブ「バードランド」に出演。
1996/10 同クインテットの3枚目になるアルバム「BALANCEZ」を発表した。
2004 渋谷 毅、林 栄一を迎えリーダー作「Rendezvous」を発表。
2008 峰厚介カルテットに“ネイティヴ・サン”の福村 博、若手ナンバー・ワンの人気・実力派、松島啓之らを迎えたスタンダード作品「プレイズ・スタンダード」を発表。







- アルバム作品 -
2008/5/28



2002/9/30



2002/10/23


1979

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzm.blog109.fc2.com/tb.php/100-bccc195c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。