FC2ブログ

日本のジャズミュージシャンデータベース

国内で活躍するジャズミュージシャンをご紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
神崎ひさあき(かんざき ひさあき)
サックス
生年月日:高知県
出身地:
[HP] [blog]


- プロフィール -
1974 青山学院大学入学後すぐに、YAMAHAネム音楽院東京分室にて、山口真文(Ts)に3年間師事。
1976 ビクターアマチュアジャズコンテストにて自己のバンドで、本多俊之、スクエア等と供に入賞。
1978 青山学院大学卒業後、日本のジャズ・フュージョンブームのスタートとなる『神崎オンザ・ロード』を結成。
1980 『OPEN MY ROAD』でデヴュー。その後3枚のアルバムを残す。
1986 L.A.に渡る。
1988 ラス・フリーマン、リツビングトンズ等を迎えアルバム『KANZAKI』をリリース。
帰国後、数々のTV、 CM音楽の制作、プロデュース等の活動を積極的に行う。近年では、神崎作曲の『SO FAR AWAY』をマイケル・ホワイト(ジョージ・ベンソン、デヴィッド・サンボーンバンド)がレコーディング。 アルバムタイトル曲としてリリース。全米ジャズチャート(radio&records)第9位にランクインされ、コンポーザーとしても評価される。 盟友マイケル・パウロ(sax)とのプロジェクト『エイジアン・ソウル ・ブラザーズ』での活躍等、国際的な幅広い活動を展開している。
2003 [Compilation]「buffet style」keigo tanaka x asako toki の作曲、アレンジ、プロデュースを機に都内クラブシーンで、rockboys/feat.kzsaxと しての演奏やプロデュースを始動させる。
2005 real play recordsレーベルを発足させ、「大手町カフェ」の音楽を同レーベルでプロデュース。
2006 1988年にリリースされたアルバム「KANZAKI」 の再リリースとストリングス・カルテットとの共演作 「OZONIC」をリリースした。




- アルバム作品 -
2009/6/20
ASIAN SOUL BROTHERS


2006/2/25



2006/2/25

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzm.blog109.fc2.com/tb.php/104-d2761e82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。