FC2ブログ

日本のジャズミュージシャンデータベース

国内で活躍するジャズミュージシャンをご紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山下洋輔(やました ようすけ)
ピアノ
1942/2/26~
出身地 東京渋谷区金王町
[HP]

・プロフィール
1959 麻布高校在学中にプロとしての演奏活動を開始。
1965 富樫雅彦や武田和命らと活動。日本で初めてフリー・ジャズを演奏したグループと言われる。
1969 山下洋輔トリオを結成。モントルー、ニューポートなどの著名ジャズ・フェスティバルに出演、海外でも高い評価を得る。ツアー旅行記、エッセイを、『ライトミュージック』『小説現代』『宝島』各誌に発表し始め、エッセイストとしても高い評価を得る。
1969 封鎖されていた、早稲田大学4号館バリケード内で演奏。東京12chの番組「ドキュメンタリー青春」(演出:田原総一朗)で放映される。
1972 公演先の福岡でタモリと遭遇。
1983 山下洋輔トリオを解散。
1984 「山下洋輔PANJAスイング・オーケストラ」を村上ポンタ秀一らと結成。
1988 山下洋輔ニューヨークトリオを結成。メンバーは、セシル・マクビー(b)、フェローン・アクラフ(ds)
1989 アフリカ6カ国ツアー。
1990 スイング・ジャーナル社主催の「第15回南里文雄賞」を受賞。
1992 南米3カ国ツアー行う。『クルディッシュ・ダンス』を発表、「スイング・ジャーナル」誌ジャズディスク大賞日本ジャズ賞を受賞。
1994 カーネギー・ホールで開催の名門レーベル、ヴァーヴの「設立50周年記念コンサート」に出演。
1995 ジョー・ロヴァーノを加えたニューヨーク・トリオでヨーロッパ・ツアー。ブラジルでA.C.ジョビンに捧げるコンサートを開催。同年『室内楽団 八向山』を結成。メンバーは八尋知洋(per)、向井滋春(tb)、山下洋輔(p)。
1997 ドイツ・ライプチヒのジャズ・フェスティバルでスペシャル・コンサートを開催。
1998 パリで佐渡裕指揮によるラムルー管弦楽団とガーシュイン「ラプソディ・イン・ブルー」を共演。国内でもシンシナティ・ポップスをはじめ多くのオーケストラとこの曲を演奏。同年、今村昌平監督『カンゾー先生』の音楽を担当、「毎日映画コンクール」音楽賞、「日本アカデミー賞」優秀音楽賞、98年度の芸術選奨文部大臣賞(大衆芸能部門)を受賞。
1999 太鼓の林英哲とのデュオでマレーシア、タイ・ツアーを行なう。
2001 岡本喜八監督「助太刀屋助六」の音楽を担当。
2003/2~4 全国ツアー『乾坤価千金』を全国17会場で実施。春の褒章で紫綬褒章受章。
2003/5 ニューヨーク・トリオでニューヨーク公演。
2005 織部賞を受賞。
2008/3/8 ピアノ炎上2008 金沢21世紀美術館主催。
2009/7/19 結成40周年を記念して『山下洋輔トリオ復活祭』を開催。




・アルバム作品
2008/3/26

トリプル・キャッツ / 山下洋輔ニューヨーク・トリオ

2007/12/19

山下洋輔:ピアノ協奏曲第1番≪エンカウンター≫

2006/2/22

ミスティック・レイヤー / 山下洋輔

1986

ジャズ大名サウンド図鑑

1981

寿限無 VOL.1&2 / 山下洋輔トリオ

1972

天使の恍惚 / 山下洋輔トリオ


1969

DANCING古事記

1969

ミナのセカンド・テーマ / 山下洋輔トリオ


・著書
1999

ピアニストを笑うな!
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzm.blog109.fc2.com/tb.php/37-8b6ba553
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。