日本のジャズミュージシャンデータベース

国内で活躍するジャズミュージシャンをご紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大隅寿男(おおすみ としお)
ドラム
生年月日:1944
出身地:福井県芦原温泉
[HP] [blog]


- プロフィール -
アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズの来日公演(61年)を見て、ジャズに興味を持つ。明治大学軽音楽部でジャズ・ドラムをはじめる。

1969 大学卒業後プロドラマーとして活動を開始。菅野光亮(Pf)、八城一夫(Pf)、大野雄二(Pf)、山本剛(Pf)等、日本を代表する名ピアニストのトリオで共演。
1978 大隅寿男トリオを結成、リーダーとして活動を開始。 同年、初のリーダー作「ウォーターメロン・マン」をTBMレーベルより発表。
1986 Bassの巨匠ロン・カーターを迎え「ザ・メロディーズ・オブ・ラブ」をSMSレコードより発表。同年、マカオ・ジャズフェスティバルに出演。
1998 「ゴー・ウィズ・ザ・スインギン」をPaddle Wheelレコードより発表。アルバム制作と共に、プレイヤーとしてロン・カーター(Bass)、アン・バートン(Vo)、サリナ・ジョーンズ(Vo)、マリーナ・ショー(Vo)など海外アーティストと共演。国内では、山本剛(Pf)、阿川泰子(Vo)など様々なアーティストと共演、アルバムレコーディングにも参加する。
2000 「ザ・サウンド・オブ・ミュージック・イン・ジャズ」をJazz BANK/MINTON HOUSEレーベルより発表。
2001 音楽生活30周年を記念し、青山「草月ホール」に於いて初のコンサートを開催。阿川泰子を始め総勢9名のゲストプレイヤーが参加。
2002/2/20 ピアノ・トリオ・アルバム「ジュビレーション」をM&Iカンパニーよりを発表。森下滋(Pf)、金子健(Bass)のメンバーでレコーディング。ジュニア・マンス(Pf)のオリジナル曲「ジュビレーション」などストレートなジャズスタンダードを11曲収録。3月より発売を記念して東京を皮切りに、全国発売記念ライブを20箇所で行う。
2002/5 「SAIKOKU Jazz Fes」プロデュース。
2002/7月「小出郷Jazz Fes」プロデュース。
2004/5/19 トランペットの大型新人・ドミニク・ファリナッチをゲストに「 リジョイス/ 大隈寿男トリオ 」 を発表。
2005/1 スイングジャーナル誌が主催する、日本ジャズ界に最も貢献した人物に贈られる「第30回 南里文雄賞」を受賞する。また、同誌の「日本ジャズメン読者人気投票」では、 2006年より4年連続で「ドラム部門」で2位に選出されている。
2005/6/25 新メンバーでファンキージャズを演奏した「オン・ザ・ロード」を発表。
2007/5/16 アルトサックスの近藤和彦、大田剣の2管によるアルバム「ニュー・ディール」を発表。


- アルバム作品 -
2009/5/20


2007/5/16


2002/12/8
ゴー・ウィズ・ザ・スウィンギン


2002/2/20


1998/8/21
ゴー・ウィズ・ザ・スウィンギン

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzm.blog109.fc2.com/tb.php/64-e3ad0492
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。