日本のジャズミュージシャンデータベース

国内で活躍するジャズミュージシャンをご紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大我(たいが)
ドラム
生年月日:1998/7/9
出身地:京都府
[HP] [blog]


- プロフィール -
寅年(Tiger)生まれでもあることから大我と名付けられる。
6歳10ヶ月でプロデビュー。北野武「誰でもピカソ」、徳光和夫「Theサンデー」、小倉智昭「とくダネ」、「スーパーニュース」「NHK」の報道特集、「題名のない音楽会」、「徹子の部屋」、「Mステーション」等のメディアでも注目を集める。
2005 7歳でニューヨークに渡り、ミンガス・ビッグバンドやVSOPのエディ・ヘンダーソン(tp)、エリック・アレキサンダー(ts)、ライアン・カイザー(tp)、マイク・ルドン(p)等と共演。 その後、韓国国際ジャズフェスティバル、関西打楽器フェスティバル等へ出演する他、日野皓正(tp)をはじめ、ハンク・ジョーンズ、(p)、ソニー・ロリンズ・バンドのクリフトン・アンダーソン(tb)、ジャコ・パストリアス・グループのオテロ・モリノー(std)、アート・ブレーキーの長女エブリン(vo)、セサミストリートの音楽監督ボブ・クランショウ(b)、北村英治(cl)、前田憲男(p)、市川修(p)、市川芳枝(vo)、山口武(gt)、MITCH(tp)、大塚善章(p)、板橋文夫(p)、辛島文雄(p)、椎名豊(p)、クリヤマコト(p)、カルロス菅野(perc)、金澤英明(b)、石井彰(p)、多田誠司(as)、井上陽介(b)、安ヶ川大樹(b)、グレッグ・リー(eb)、ハル・高内(gt)、川嶋哲郎(ts)、宮間利之&ニューハード、シエナウィンドオーケストラ等と共演。
2007/10 横濱ジャズプロムナード・ランドマーク大ホールにて穐吉敏子のトリオで演奏。また三笠宮殿下主催のコンサートに招かれ、日野皓正、山下洋輔、渡辺香津美と共演。自己カルテット「Tiger, Burning Bright」では、銀座インターナショナルジャズフェスティバルに日本代表として出演の他、日比谷公会堂・サマージャズでのパフォーマンスが話題となる。
2008/1 ジャズの名門レーベル「Colombia/SAVOY」と日本人3人目として契約。
2008/4 ジャズ史上最年少でのリーダーアルバム「SAVOY」から「TIGER!」を、そして「Spice Records」から「Incrediblu TIGER-Live」の2枚を異例の同時リリース。ギネスブックに「世界最年少プロドラマー」として正式に認定されたNYでの受賞記念記者会見は全世界に放映され、Yahooニュースのトップ10に入る等、幅広く知られる存在となる。
その後、ニューヨークとニューオリンズというジャズの2大メッカにて自己名義ライブを実現。また、NYヴィレッジ・ヴァンガードではルー・ドナルドソン(as)と、ニューオリンズではカーミット・ラフィンズ(vo, tp)、デルフィーヨ・マルサリス(tb)、マーロン・ジョーダン(tp)、ジョージ・フレンチ(vo, b)等大物と共演。
その後も自己バンドTiger, Burning Brightや国内外アーティストとの全国ツアーのほか、世界的指揮者佐渡裕との共演、作曲家神津善行の音楽講座での公演、韓国ソウルドラムフェスティバル、シンガポール大統領主催のコンサートへの出演及びチャリティー事業への参加、スペインにて開催された世界最大級ファッション見本市でのパフォーマンスなど世界的な活動を行っている。
2008 当時67歳のベテラン黒人ベーシストのバスター・ウィリアムス、45歳の白人トップピアニスト、ベニー・グリーンとともに、アルバム「A Time In New York」をニューヨークの名門クリントンスタジオにて収録。
2009/2 同メンバーで全国ツアーを敢行。







- アルバム作品 -
2008/10/22


2008/4/23

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzm.blog109.fc2.com/tb.php/84-44be0483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。