日本のジャズミュージシャンデータベース

国内で活躍するジャズミュージシャンをご紹介

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中村健吾(なかむら けんご)
ベース
生年月日:1965/3/29
出身地:大阪市
[HP] [blog]


- プロフィール -
12才でクラシックギターを学び、後にエレクトリックベースを始める。
1988 渡米,バークリー音楽大学に入学し、アコースティックベースに転向後、ベースの巨人チャールズ・ミンガスの音楽から多大な影響を受ける。
1991 バークリー音大を卒業後ニューヨークヘ移り、ジュリアード音学院の教授であるホーマー・メンチ氏に師事、ベーシストのレジナルド・ヴィール、クリスチャン・マクプライドと交流を重ねる。
1994 日米混合ユニットであるジャズネットワークスに参加し、ロイ・ハーグローヴ、ジェシー・デイビス、デビット・サンチェス、椎名豊、大坂昌彦と「インザムービー」 (BMG)を録音。
1997 ウイントン・マルサリスが音楽監督であるリンカーンセンター・ジャズ・オーケストラに参加。
同年ウイントン・マルサリス カルテットのメンバーとして、クリントン前大統領主催のプレジデントサミットにて演奏し、その模様は全米に中継された。
1998/3 サイラス・チェスナット トリオに加入。タングルウッド音楽祭、ニューヨ-ク・タウンホール公演、ヨーロッパ公演、JVCジャズフェスティバル、ニューヨークのジャズクラブの老舗であるヴィレッジ・ヴアンガード、ブルーノートニューヨーク、ブルーノート東京公演等を行った。
1999/11 ウイントン・マルサリスのカルテットでのハーレム野外コンサート、ジャズ@リンカーンセンターとチェンバー・ソサエティとのコラボレーションコンサートに参加。
2000/4 渡辺貞夫カルテットツアー2000に参加。
2000/5 ニューヨークにて小曽根真とのデュオライブを行う。
2000/10 ニューヨークにて小曽根真プロデュースによる、初リーダーアルバムの録音。
2001/2 『ディヴァイン』 (Verve)を発表。
2001/3 小曽根真とのデュオ・ツアーを行った TBS-TV「NEWS23」にで放映
2001/10 ウイントン・マルサリス・セプテットのメンバーとして、東海岸のツアーに参加。
2000/12 中村健吾バンド(池田篤、野本晴美、高橋徹)で初の日本公演を行う。
2002/2 2作目のリーダ-アルバム『セイ・ハロー・トウ・セイ・グッバイ』 (Verve)を発表。春の日本ツアーでは全国21カ所で公演し、好評を得る。
2003/4 中村健吾-ウェス・アンダーソンカルテット(野本晴美、高橋徹)で「ブルース&スウイグ」ツアーを行った。
第3回スイングジジャーナル誌日本ジャズメン読者人気投票に於いて3年連続ベース部門第1位を獲得。
2004/1 ウェス”ウォーム・ダディ"アンダーソン・セプテットのメンバーとして、ニューヨーク「ヴィレッジ・ヴアンガー」こ出演。
2005 3作目のアルバム『ROOTS』(55 Records)を発表し、中村健吾NYクインテット(ウエス・アンダーソン、マーカス・プリンタップ、後藤浩二、高橋信之介)でツアーを行う。
2006/10 4作目のアルバム『リガーディング・スタンダード』(55 Records)をリリースする。







- アルバム作品 -
2008/10/22



2005/2/23



2002/2/21

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://jazzm.blog109.fc2.com/tb.php/98-ad0de4e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。